興味深い!一戸建てのお勧めの選び方

一戸建てを構造で見分ける方法

一戸建てを供給する会社は多く、どの会社を選んだら良いのか、わからなくなって当然です。一戸建てを選ぶ基準として、構造方法の選択があります。構造は専門的で、素人では見分けられないと思われがちです。しかし、素人でも簡単に構造から住宅の良し悪しを見分ける方法があります。通常の住宅の構造は木造軸組み工法、木造2×4工法、軽量鉄骨工法、鉄筋コンクリートパネル工法に分かれます。この中で、長期間、高い耐震性を維持し、増改築が容易なのが木造軸組み工法です。それ以外の工法は建てられてからしばらくの間は高い耐震性を示します。しかし、湿気の多い日本の気候では長持ちせず、増改築も困難です。木造軸組み工法は日本の伝統木工法を継承するものです。地元の工務店でも扱っているので、最も信頼性のある工法と位置づけられます。

一戸建てを耐久性で見分ける方法

一戸建てを見分け方として、耐久性に着目する方法があります。住宅は建てれば終わりではなく、建ててから長い生活が始まります。住宅の瑕疵担保保証の期間は10年ですが、住宅が壊れだすのは大概それ以降です。特に劣化が目立つのが屋根と外壁です。雨漏りがするほどではなくても、美観を損ねるほど劣化が目立つと、塗装替えや張替えが必要となります。住宅は長期間、メンテナンスなしに使えるほど良い住宅とされています。住宅の見分け方として、屋根の材質に着目する方法があります。一般に普及している材料で、最もメンテナンスの必要が無いのが瓦屋根です。瓦屋根は防火性、耐久性に優れる材料です。よほどのことが無い限り、大きな改修は必要なく、長期間メンテナンスなしに使うことができます。逆に、頻繁な塗装替えが必要となるのがアスファルトシングルなどの材料です。そのような材料で屋根が葺かれている住宅は、選ぶ際に注意が必要です。

一戸建てを購入したい時には、各地で人気のある物件の特徴やハウスメーカーの対応の良し悪しを確認することが大事です。